営業平松ブログ

木と鉄の複合梁「テクノビーム」2021.09.14

前回の投稿で梁に鉄を使用しているとお伝えしましたが、

 

いったいどのような梁かと言いますと

このように軽量H形鋼を芯材にして上下を木(集成材)で挟んだ

 

「テクノビーム」を使用しています。

「テクノビーム」は通常の木の梁と比べると、たわみが抑えられるのは勿論、

 

地震などの一時的にかかる大きな力に強いのも

 

安心のポイントです!

 

木の梁では4mに1本の間隔で柱を入れて下から

 

支えなければいけないのですが、

パナソニック耐震住宅工法テクノストラクチャーでは

 

「テクノビーム」を使用することで、

 

最大間口約8m(上階に居室がない場合は最大約10m)柱無しで支えられます

リビングを広くとりたいかたにうってつけの工法ですね!

 

タナベハウスの公式LINEではモデルハウスや完成見学会のOPEN情報をいち早く配信しています!

 

その他にも家づくりには欠かせない! 土地選びの話、お金の話など知って得する情報を随時配信しています♪

 

この機会にぜひ、お友達登録よろしくお願いします。