営業平松ブログ

「耐震等級」みなさんこだわっていますか?2021.10.04

住宅を建てるうえで欠かせないキーワードになった

「耐震等級」

 

みなさんこだわっていらっしゃいますか?

 

 

耐震等級は1~3の三段階。最高等級は「耐震等級3」です。

 

建築基準法の基準は「耐震等級1」です。

 

「耐震等級1」の1.25倍の地震力に耐えれるのが「耐震等級2」で、

 

一般的な病院や学校で採用される基準です。

 

「耐震等級1」の1.5倍の地震力に耐えれるのが

「耐震等級3」で、

 

避難所として使えるレベルと言われています。

 

最近ですとよく「耐震等級3相当」という言葉を

よく耳にするのですが、

 

ただ単に耐力壁を「耐震等級1」の1.5倍に増やして「耐震等級3相当」と言っているだけで

「耐震等級3」と同じような安全性はありませんので

お気を付けください。

 

 

ちなみにこの筋かい等が一般的な耐力壁です。

 

 

 

突然ですがまたまたいきなり問題です!

 

 

建築基準法は震度6や震度7の地震で

木造の建物の壊れ方を

 

どれくらいまでに抑えようとしているか。言い換えると

 

どのくらいまでなら壊れてもやむをえないとしている

法律だと思いますか?

 

ちなみに建築基準法の基準は「耐震等級1」です。

 

気になる答えは次回投稿したいと思います。

 

ぜひお楽しみに~~👋

 

タナベハウスの公式LINEではモデルハウスや完成見学会のOPEN情報をいち早く配信しています!

 

その他にも家づくりには欠かせない! 土地選びの話、お金の話など知って得する情報を随時配信しています♪

 

この機会にぜひ、お友達登録よろしくお願いします。